top of page
  • 執筆者の写真KACOM

春の産ぶ声コンサート Tomoo & Saki + 入日茜


■2023年4月8日(土) 『春の産ぶ声コンサート in 奈良』

会場:[奈良・学園前] kitchen-Lab KACOM https://www.kacom.net 開場:13:30 / 開演 14:00 チケット:3000円(+ドリンク代) 出演:Tomoo&Saki[野上朝生 (pf,vo)・野上(籠谷)紗希 (vn)]/入日茜 (pf,vo)

出演者 入日茜 / Tomoo&Saki / 野上朝生 / 野上(籠谷)紗希

お申し込み、お問い合わせは、こちらまで。 https://tiget.net/events/234371


(プロフィール) 入日茜 Akane irihi

ピアノ弾き語りシンガーソングライター

福井県出身 深淵なバラードからピアノロック、シャンソン風テイストなど幅広い楽曲センスと、ストーリーテリングな歌詞の世界 哀愁を帯びた繊細な歌声で聴く者を魅了する。

幼少期からピアノをはじめ、小中高で吹奏楽部に所属し木管・金管楽器、パーカッションなど様々な楽器を経験。 映画音楽家に憧れて作曲編曲を学んでいた大学時代 学内ミュージカルの舞台音楽を担当したのをきっかけに歌の世界へ。 在学中に送ったデモテープオーディションに合格し上京 2002年12月にBellwood Record Cocktailレーベルよりデビュー。

孤独や哀しみを包み込むように 楽曲世界に深く入り込む弾き語りのライブスタイルは デビュー当時から変わらない魅力であり 浄化系アーティストと呼ばれることも。

光と闇が溶け合う美しい夕景のような 儚くも力強い明日への希望を歌に託し、届けつづけている。


--- 野上朝生

作曲、アレンジャー、ピアニスト。アーティストへの楽曲提供、舞台の音楽、など活動は多岐にわたる。  ジブリのジャズアレンジアルバム「ジブリジャズ/All That Jazz」のすべての曲のアレンジを手がけ、シリーズで累計20万枚におよぶ好評を得、各地でライブ活動を行う。 絵を描くように紡ぎ出すメロディーは何色にも変化し、心の琴線に触れる。 奈良に縁あって関東から移住。 奈良のイベントや寺院などでもライブを行い日々拡大中。 2020年バイオリン野上紗希とのDUO「Tomoo&Saki」を結成。2021年アルバム「キミとボクのカタチ」リリース。 関西を中心に活動中。


--- 野上(籠谷)紗希

『ココロ歌うバイオリニスト 〜あなたに愛と倖せを運びます〜』

2歳よりピアノそして12歳よりバイオリンを始める。 大好きな和食屋でバイオリンの流し演奏をした際、バイオリンなら場所を問わず聴く人が楽しく、幸せになる。と感じ、2009年くらいにバイオリニストとして活動をスタート。 ケルト音楽や神戸を拠点としたバンド活動の5年間を経て、 2017年より大阪、神戸を中心にソロ活動を開始。 同年7月、初のソロ オリジナルミニアルバム『峠をこえたら』をリリース。 ストリングスチームを結成し、アレンジやライブ活動も経験する。 ピアノでは、吉田靖氏のアルバム制作に携わる他、映画音楽の制作活動も行う。 生の音ならではの喜びに満ちた、ナチュラルで心地よい空間作りを得意とする。自身の演奏を通じて、皆んなの心が喜びに満ちて輪になる事が大好き。

閲覧数:62回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comentarios


bottom of page